エコマークアワード 2021

優秀賞受賞

2021年11月18日

公益財団法人 日本環境協会が主催する「エコマークアワード 2021」にて、パレスホテル東京が優秀賞を受賞いたしました。

株式会社パレスホテルでは、企業としての提供価値と成長を実現しながら、いかにパレスホテルらしく自然環境や社会との調和を実現できるかを、サステナビリティコンセプト「未来を、もてなす。」に込め発信しています。このコンセプトに基づき、今後もホテルならではの社会との約束を果たすべく、さらなる挑戦を続けて参ります。

エコマークアワードは、2010年に創設されたエコマークで初めての表彰制度であり、エコマーク事業の目的である「消費者の環境を意識した商品選択、企業の環境改善努力による、持続可能な社会の形成」に向けて積極的に活動している企業・団体などを表彰するものです。
それらの優れた取り組みを広く公表するとともに、エコマーク商品のより一層の普及拡大を通じて、持続可能な社会の実現に寄与することを目的とします。

受賞理由

パレスホテル東京では、1990年代後半にCSRの概念が広まる以前から、近隣での清掃活動や生ごみの有機肥料化にいち早く取り組み、その後もグリーン電力の活用にいたるまで様々な視点から環境への取り組みを行ってきました。その先見性と、その後一貫した取り組みに対する継続性が優秀賞受賞の理由となりました。
そのほか、スタッフエリアでのポスター掲示をはじめとするSDGsの社内周知や、従業員食堂で肉食を控え、CO2削減について考える機会を提供する「ミートフリーマンデー」の定期開催など、サステナビリティ活動について考える社内コミュニケーションの在り方も高く評価されました。

株式会社パレスホテルのサステナビリティコンセプトパレスホテル東京のサステナビリティへの取り組み