お歳暮を贈る

日頃お世話になっている方やお取引先に一年の感謝の意味を込めて贈るお歳暮。その起源については江戸時代までさかのぼるなど様々な説がありますが、「相手を想う気持ちを届ける」ことは現代でも変わりません。

パレスホテル東京では、日本の良き文化であるお歳暮について、マナーを確認し、気持ちよくスムーズにお贈りするお手伝いをいたします。

和田倉特撰 梅干し詰め合わせ20個入り

時期について

地域によってお歳暮を贈るふさわしい時期があります。

・関東: 12月1日〜20日頃まで
・関西: 
12月10日〜20日頃まで

お正月の準備を始める12月13日の「事始めの日」が1つの目安となります。年末になるほどお相手の方も忙しくなるため、ご迷惑にならないように、遅くても12月25日までに届くように手配されることをおすすめします。

余裕をもって準備をする

年末は、お相手もご自身も忙しくなる時期。贈りたい商品が売り切れていたり、指定日に間に合わなかったりということが起きないよう、余裕をもって丁寧に準備をしましょう。
* パレスホテル東京オンラインショップの日時指定は、最短8日前より承ります

挨拶状を送る

「今年の感謝の気持ち」を込めて贈るお歳暮。身内や親しい方へはお電話でも結構ですが、目上の方やビジネス関係の方には、品物がお相手に届く前にご挨拶の言葉を添えて、お歳暮をお送りした旨の挨拶状を送ります。
* 指定日配達の際は「●月●日午前中指定でお送りしました。」などと挨拶状に含めると、より丁寧さが伝わります。

黒豚ポークカレー / 和牛ビーフカレー / 地鶏チキンカレーセット
コンフィチュール

のしについて

古くは縁起物とされている「鮑」を薄く伸ばして贈り物に添え、中身を表する目録と一緒に贈られていました。その後、のしは昆布や紙で代用されるようになり、近年では、のしと水引きが印刷された「掛紙」が利用されるようになりました。目録をつける習慣も簡略化され、掛紙に表記を書く事が一般的です。
* 慶事用の掛紙を「のし紙」と呼ぶことが一般的になっていますが、弔事の際は、のしは印刷されていないので「掛紙」といいます。

商品を選ぶ

お相手の趣向やご家族構成、ご家族の年齢なども考慮し、商品を選んでみましょう。年末年始は親族で集まったり、帰省することもありますので、皆様で召し上がることが出来るものや日持ちするものをお選びすることをおすすめいたします。

オンラインショップでお歳暮ギフトを探す