落ち着きと品格に満ちた、「最上質の日本」

まさに日本の原風景といえる、緑と水の広がり。丸の内1-1-1。

1961年の開業以来、半世紀余の歴史を重ねてきたパレスホテルは、2012年5月17日、「パレスホテル東京」として新たな歴史をスタートさせました。

これまで育て、積み重ね、熟成させてきたおもてなしの心と伝統を大切に受け継ぎながら、パレスホテル東京が目指すもの。それは、落ち着きと品格に満ちた「最上質の日本」です。

よりきめ細やかな心遣いで、そのひとつひとつをかたちにしながら、ナンバーワンよりもオンリーワンのホテルでありつづける。

それが、パレスホテル東京の想いです。

Palace-Hotel-Tokyo-F-Exterior-Views

ブランドコンセプト

美しい国の、美しい一日がある。
Experience the Heart of Japan.

詳細はこちら

滞在の快適を高める、またとない立地。

目にやわらかく、心をうるおす緑と水の風景。
そこに流れているのは、とても穏やかな時間です。
対照的に、その外側には一日を通してアクティブなシーンが繰り広げられています。

ここは、非日常と日常が親密に関わり合っている特別な場所。
そして、丸の内はビジネスだけでなく、ライフスタイルの情報発信エリアに変貌しました。

ホテル地下1階は、地下鉄大手町駅に直結。東京駅からも徒歩圏内で、銀座、日本橋も至近です。

丸の内1-1-1。
滞在の快適さを高めるこの立地は、パレスホテル東京ならではの、またとない価値といえます。

デザイナープロフィール

terry mcginnity

ロビー、客室などパレスホテル東京の主要なデザインは、現在英国ならびにヨーロッパ全域で活躍するインテリアデザイン事務所「GAデザイン・インターナショナル」代表のテリー・マクギニティー氏によるものです。

同氏は母国オーストラリアで建築を学んだ後、20数年前に英国に渡り、キャリアを積みました。そのデザインはダイナミックでオリジナリティにあふれ、特にホスピタリティ・ビジネスに実力を発揮して、世界中のラグジュアリーホテルのデザインを担当。
また、英国BBCやMTV本社、および同社内のセレブレティ用ドレスルームのデザインも手掛けています。

1999年、Best Luxury Hotel Refurbishment賞受賞。

テリー・マクギニティ

パレスホテルの歴史

その誕生から生まれ変わりまで。

詳細はこちら