csr活動について

私たちパレスホテルは、お客様の安心と安全を常に最優先とする伝統を守り続けるとともに、積極的に環境や地域社会に対する責任を果たします。

Palace-Hotel-Tokyo-F-Exterior-Wadakura-Fountain

防災対策

2012年に完成したパレスホテル東京ならびにパレスビルは最新の制振構造を備えています。2012年12月には東京消防庁より優良防火対象物の認定を受けており、災害に対応するため大規模地震対応マニュアル等を整備し、定期的に訓練を実施しています。

また、パレスホテル東京自衛消防隊は、毎年丸の内消防署主催の自衛消防訓練審査会に出場しており、2013年・2016年には男子隊が優勝、2014年・2016年は女子隊が準優勝するなど毎年数々の表彰を受けています。

食の安全

メインキッチンや各厨房は、食材を衛生的・効率的に管理する設計に基づいた、最新の設備を備えています。

また、定期的な食品衛生講習会の開催や、万が一の食品事故発生に備えた訓練の実施等、食の安全の徹底を図っています。

メニュー表記に関しては、メニュー管理委員会を設置し、適切な表示であることをチェックしています。

Palace-Hotel-Tokyo-F-Grand-Kitchen-Chefs-VII
Palace-Hotel-Tokyo-F-Exterior-Views

環境保護

パレスホテルは業界としてはいち早く、1992年より生ごみを発酵処理し肥料化する、生ごみのリサイクルを実施しています。そして、リサイクルされた肥料「エコパレス」を特定農家で使用していただき、その農作物を使用するというリサイクルが実現しています。

また、10年以上前より、厨房排水や雨水を再生した「中水」をパブリックエリアやオフィスのトイレ (客室を除く) の洗浄や植栽への散水に利用しています。

2012年より、ワインの栓として利用されているコルクを集めて、再生する活動に参加しています。集められたコルク栓は、NPO法人の手を経て、コースターやカレンダー等に再生されています。

社会貢献活動

パレスホテルでは、災害対策に飲料水を備蓄しています。

2017年の入替にあたり、フードバンクに寄贈いたしました。

その他にも、東京駅周辺の清掃活動(大丸有エリアマネジメント協会主催)やエコキャップ運動へも参加しております。

これからも継続的、かつ積極的に社会貢献活動に取り組んで参ります。

省エネルギー

2012年の建替えに際しては、より省エネ化を図るため、高効率の「冷暖房機器」「太陽光発電」「コジェネレーション」等の設備を導入し、また、オフィス棟であるパレスビルには、外気の影響による空調負荷を最大限抑えるための「エアフローウインドウ」を採用しました。

これらにより、基準ビルに対して30%の省エネ化を実現しています。

地域社会、文化・芸術

パレスホテル東京が所在する、大手町・丸の内・有楽町地区で運行されている無料巡回バス「丸の内シャトル」に、2003年から協賛企業として参加しており、同地区を訪れる観光客の利便性向上に貢献しています。

また、小学生を対象とした全日本司厨士協会主催「フランス料理を楽しむ会」のボランティアや、世界の医療団主催の「チャリティービュッフェ」に毎年参加しています。

他にも、日本舞踊の公演や華道の展覧会など、様々な芸術・文化活動を主催しています。

委託生・インターンシップ受入れ

パレスホテルは、ホテル専門学校生や調理学校生を委託生として毎年受け入れており、経験豊かな社員の指導の下、実際の現場での体験が学生の学習に役立っています。

また、国内外の大学生を中心に、就業体験を目的としたインターンシップを受け入れています。